TOP

比較表

自社ラボ完備技術力違う!

高度なデータ復旧が可能

スマートフォンの解析に必須のチップオフ設備を完備しています。他社で復旧に失敗した案件もお任せ下さい。

クリーンルーム完備

クラス100のクリーンベンチをクリーンブース内に設置。圧倒的な清浄度で、安全にデータを復旧します。


Service

デジタル証拠の強力な盾、あなたのビジネスに最高の安心を

信頼性の高い証拠保全サービス

デジタルフォレンジックPROでは、退職者や現役従業員のコンピューターデータのバックアップの専門サービスも展開しています。係争を想定したレベルの証拠保全の手法を用いて、弊社の証拠保全専用ルームにて最も厳格な手続きを経て証拠保全が行われます。

 

不正発覚時の強力なサポート

従業員の不正が発覚した場合や、何らかの理由で捜査を行う必要がある場合でも、デジタルフォレンジックPROはお客様を全力でサポートします。弊社のデジタルフォレンジック技術により、必要な情報を収集し、事件解決に向けて最後までサポートします。

信頼性と完全性、二つを兼ね備えたデータ

裁判や調査を迅速かつ効率的に進行するためには、信頼性と完全性が保証されたデータが不可欠です。私たちの証拠保全は、その両方を満たすよう設計されています。

ビジネスの未来を守る強固な防衛線

デジタルフォレンジック調査は、ビジネスの未来を守るための重要なステップです。私たちは、お客様がどんな困難にも立ち向かえるよう、その背中を強く支えます。私たちと一緒に、ビジネスの安全と成功を守りましょう。

About

デジタルフォレンジックPROの特徴

日本デジタルフォレンジック研究会正会員

デジタルフォレンジック業界における日本で最も有名な研究会である、日本デジタルフォレンジック研究会(IDF)の正会員です。

データ復旧設備を備えた自社ラボ完備

弊社のフォレンジックルームにはデータ復旧設備を完備しております。データ復旧の専門家とフォレンジック調査の専門家が密接に連携し、圧倒的な調査解析を実現させます。

最先端技術AI解析

弊社では最先端のAIによる画像解析を用いたデジタルフォレンジックを行います。

証拠の信憑性と完全性の徹底追及

弊社では証拠保全の内容を全て動画で撮影、CoCと呼ばれる証拠の取扱いを記録したシートに記載し、それらを資料として提出します。

Detail

デジタルフォレンジックで何がわかる?

デジタルフォレンジックを通じて、以下のような情報や事実を明らかにすることができます。

データの存在・削除の証拠

デジタルフォレンジックにより、デバイス上で生成・削除されたデータの証拠を特定できます。削除されたデータの回復も可能な場合があります。

タイムスタンプ情報

データがいつ作成・アクセス・修正されたかという情報を特定することができます。これにより、事件の時系列や関連性を解析できます。

ユーザー行動の追跡

デバイスやシステムへのログイン・ログアウトやファイル操作、インターネット履歴など、ユーザーの行動を追跡し、犯罪者や不正行為者の特定に役立てることができます。

コミュニケーション履歴

電子メール、チャット、SNSの履歴など、対象者間のコミュニケーションを分析し、事件の背景や意図を調査できます。

ネットワーク攻撃の特定

不正アクセスやマルウェアの感染、データ漏洩など、サイバー攻撃の痕跡を特定し、攻撃者や攻撃方法を解析することができます。

データの整合性確認

データ改ざんや不正操作が行われたかどうかを検証し、データの真正性を確認することができます。

法的証拠の確保

デジタルフォレンジックの適切な手法を用いることで、法的証拠として受け入れられる形で情報を収集・分析・保存することができます。

 

データ保全サービス

49,500円~

不正を防ぐ抑止力に!
バックアップしたデータは裁判用証拠として!
デジタルフォレンジックで不正調査はいつでも可能!
 

簡易フォレンジック調査

132,000円~

退職者・従業員の不正を調査!
営業秘密の持ち出しを調査!
従業員のサボりを調査!

退職者フォレンジックのコスパが高い!

不正調査が低価格で行える!簡易フォレンジック調査とは?

  • 従業員の不正を低価格で調査したい!
  • 退職者・従業員の不正を暴きたい!
  • 後から裁判利用可能なバックアップが欲しい!

デジタルフォレンジックPROはこんなお悩みを解決します!

Option

様々な状況に対応可能!

RAID構成

現地調査

出張保全

データ復旧


Flow

サービスの流れ

wide image

image 1

01

ヒアリング

デジタルフォレンジックのプロセスは、まずお客様とのヒアリングから始まります。この段階では、お客様の課題や懸念事項を詳細に把握し、調査の目的や範囲を明確化します。

image 1

02

証拠保全

当社では、高度な技術と最新の機器を使用して、データの複製や保全を行います。この段階では、データの完全性や法的証拠能力を確保するために、ハッシュ値の確認やCoC(Chain of Custody)レポートの作成など、厳密な手続きを踏みます。

image 1

03

調査・解析

当社の専門家チームは、最新の解析ツールや手法を用いて、保全されたデータから関連情報や証拠を見つけ出します。調査結果に基づいて、不正行為の証拠や原因の特定、対策策定に役立つ情報を分析します。

image 1

04

報告

報告書には、調査結果の概要や詳細な分析内容、推奨される対策などが記載されます。必要に応じて、裁判用証拠や法執行機関への提出に適した形式で報告書を提供します。