簡易フォレンジック調査

簡易フォレンジック調査
簡易調査はパソコンを使用した社内不正調査を低価格で提供するサービスです。

簡易フォレンジック調査とは?

弊社はお客様のニーズに即したデジタルフォレンジック調査の新サービス、簡易フォレンジック調査を提供します。

我々はパソコンを直接解析するのではなく、法的な証拠能力を維持したままデータの複製を作成します。これにより、証拠の改ざんリスクを極力排除し、正確かつ公平な調査を行います。そして、その複製から解析用のイメージファイルを取得し、詳細な調査を行います。

外部ドライブによる情報持ち出し調査

USBやmicroSDカードといった、小型ドライブが情報漏洩に使用されるケースは後を絶ちません。USB等の外部メディア履歴調査では、パソコンに接続されたこれらの外部メディア履歴を解析し、持ち出されたデータを特定します。

Webメール調査

GmailやOutlook等のクラウドメールによる社内データの不正流出の被害は後を絶ちません。本調査では、パソコン内に保存されているデータを解析することで、過去のメールデータのやり取りを抽出し、不正が行われていなかったか調査を行います。

デジタルフォレンジックPROの特徴

日本デジタルフォレンジック研究会正会員

デジタルフォレンジック業界における日本で最も有名な研究会である、日本デジタルフォレンジック研究会(IDF)の正会員です。

データ復旧設備を
備えた自社ラボ完備

弊社のフォレンジックルームにはデータ復旧設備を完備しております。データ復旧の専門家とフォレンジック調査の専門家が密接に連携し、圧倒的な調査解析を実現させます。

最先端技術
AI解析

弊社では最先端のAIによる画像解析を用いたデジタルフォレンジックを行います。

証拠の信憑性と
完全性の徹底追及

弊社では証拠保全の内容を全て動画で撮影、CoCと呼ばれる証拠の取扱いを記録したシートに記載し、それらを資料として提出します。

選べる2種類の証拠保全

① 簡易証拠保全
証拠品から物理イメージファイルを直接抽出

  • 証拠品のHDD/SSDから物理イメージファイルを取得
  • 物理イメージファイルは大容量記憶装置に保管し、納品
  • 書き込み禁止機能を持つデュプリケーターを使用
デジタルデバイス上のすべてのデータをセクタレベルでイメージファイル化します。これには、デバイス上のすべての情報(ファイル、フォルダ、空き領域、削除されたデータ、隠されたデータなど)が含まれます。
② 完全証拠保全
証拠品のHDD/SSDから完全な複製を作成

  • 証拠品のHDD/SSDから完全な複製を作成
  • 全工程を動画・写真撮影およびCoCにて記録
  • 証拠が同一であることを証明した書類と共に複製を納品
複製は、原本(証拠品)のデータ構造、パーティション、ファイルシステムなどを含む1対1の複製品です。
※CoCは証拠品の取り扱い履歴を全て記録し、文書化したもので、作成された複製が原本と同一であることを法的に証明する場合に必要になります。

image 1

01

企業のリスクマネジメントの強化に繋がる

不正なデータ持ち出しや不適切なコミュニケーションを発見することで、企業の重要情報が漏洩するリスクを事前に防ぎます。さらに、この調査は組織のデータ管理のあり方を見直し、社内ルールを強化するきっかけとなります。

image 1

02

迅速かつ効率的な不正調査が可能

一人一人の従業員のパソコンを調査することは時間と手間がかかるでしょう。当サービスでは、通常のデジタルフォレンジック調査と異なり、短時間で調査結果を得られます。

簡易フォレンジック調査は、企業のデータ管理とリスクマネジメントを強化するための一歩となるでしょう。これまでのような時間と費用をかけた調査を避け、効率的かつ迅速に情報を得ることが可能です。セキュリティ問題の早期発見により、企業としての信用と評価を保つことが可能となります。

さらに重要なことは、法的な証拠能力を維持しながら調査を行うため、万が一法的な問題が発生した場合でも、当サービスによって取得した複製により、より本格的な調査である、デジタルフォレンジック調査を行う事が可能です。
当サービスは、従業員の退職や転職が多い現代において、特に重要となるでしょう。職場でのデータ管理はますます重要性を増しており、適切な管理と分析により企業全体の安全と効率性を向上することができます。

弊社と共に、あなたのビジネスの安全性と信頼性を向上させていきましょう。

様々な状況に対応可能!

お問い合わせ

– お電話でお問い合わせ –

0120-195-734

通話無料・24時間対応

– メールでお問い合わせ –

お問い合わせフォーム